<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

心はあなたのもとに 村上龍

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

心はあなたのもとに (文春文庫) [ 村上龍 ]
価格:853円(税込、送料無料) (2017/7/5時点)




村上龍さんの作品をはじめて読みました。
随分前に読んだので、細かい事までは思いだせなくて覚えている事を綴っていきます。


まず、西崎という人物は、1人の女性と出会う。

そこからストーリーが展開していきます。

その女性加奈子は、Ⅰ型糖尿病を患っていました。

西崎は、資産家で大金持ちで、加奈子を1人養う事は簡単でした。

しかし、加奈子自身は西崎を頼りながらも、自分で働こうと決意を決めていました。

西崎は加奈子に夢を持って貰いたく、栄養士の資格を加奈子が取る事に賛成。

そして、加奈子の学費の面も工面していました。

しかし、西崎は加奈子との苦しさを埋めるように、他の女性との付き合いもしていました。

もちろん、加奈子はそれを知っていました。

加奈子の気持ちになれば、「自分はきっとあと数年で。。。」と思っていたに違い無いと思います。


入退院を繰り返す加奈子は、連絡が途絶えると、西崎は医療ビジネスと絡み、加奈子の傍に行きました。

その時、加奈子はもう亡くなっていました。

人が亡くなるという事は、残された人が一番辛いのです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する
経営総合コンサルト