スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何もかも憂鬱な夜に 中村文則

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

何もかも憂鬱な夜に (集英社文庫) [ 中村文則 ]
価格:432円(税込、送料無料) (2017/7/6時点)




とある死刑官の物語です。
死刑官の幼少期の施設での生活、その後の1人暮しの様子が描かれています。

それには、全て「楽しさ」という面が観られない。
全てを、義務で行って居る感じすら、見受けられる。

生活する為に、淡々と生きている感じすらしました。
淡々と仕事をして、淡々と誰かと付き合う。
心の中はいつも、憂鬱の塊のような印象でした。

そして、死刑囚との対話「何故人を殺したのか?」と質問する。
最後には、死刑官が死刑囚をボタン一つで殺す。

世の中の「矛盾と正義と悪」が描かれている物語です。

読み終えた後、多くを語れませんが、人が人を殺す人の心の中という言葉がピッタリかもしれません。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

  

Yumiko Naruse

Author:Yumiko Naruse
ゆぅっち

2015年1月に引越作業中に交通事故に逢いました。
その為、現在もリハビリをしています。
薬を辞めたので、その分大変な部分もあります。

リハビリをしながらJETA耳つぼセラピスト協会セラピストの資格を取得。
食品衛生管理者の資格を取得。

2017年 マヤ歴ライフナビゲーターを取得。
それ以前から、臼井霊気、ペンジュラムを学ぶ。
カルナレイキも現在、先生に向けて課題を作成中です。

最近は出張を兼ねて、温泉旅行をしています。
profilephoto

リンク

つぶやき

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。