<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

誰かが誰かの情報を欲しがっている


誰かが誰かの情報を欲しがっている。
それだけで、ビジネスが成立しますね。
情報提供料という形です。

税理士の苦悩★から行政書士へ♪

実際に、それだけで情報ビジネス屋としては存続できます。
ただし、顧客を取るのが難しい。

ヤクザ屋さんとかは、普通に欲しい情報じゃないですか?
そう考えると、勉強の全てが国家試験の為や国の為だけにある訳では無いという事ですね。

ヤクザ屋さんだって、食べていかなければならない厳しい世界。
親方に怒られては、情報を取りつつある世界です。

我がオトウサン(通称おさーちゃん)も、本当にあちこちの人と絡んでいましたからね。
うちでは、いつもラジオを聴いていましたよ。

そして、カリントウや水羊羹が大好物でした。
しかし、ある日から「甘いものはもういいや!」とか言いだしました。

私は確実にその血を受け継いでる。

そして、それを理解して、私なりの生き方をして現在に至る訳です。
並み大抵の苦労では、ありませんでしたょ。

地方から一様教育学部がある大学に行き、戻って来ても一流と言われる会社に勤める。
信用というものを培って来たつもりです。
これが「父を超える」という必死の社会人生活だったと今でも思います。

元夫が「もうオトウサン超えたのじゃない?!」と言われた事が、自分自身への最高の褒め言葉だったと思います。
元夫とは似た物同士だったのかもしれません。

世の中のありとあらゆるトップは、何があっても冷静で居なければ指示は出せません。
一時の感情で動いていたら、私の大切な人達まで潰されてしまいます。

非情と言われても、私が現在動かない理由はあります。
いや、まだ動ける状態では無いのです。
(分かっている人は分かっている)

そう考えると世間は優しいし、時に冷たいものだと感じました。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






比較.com バイク保険【無料】一括見積もり

新宿駅から徒歩10分|専門税理士による印鑑証明ひとつでできる相続手続き<<新宿総合会計事務所>>

税理士紹介ネットワーク

スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する
経営総合コンサルト