<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

結婚とパートナーのユラユラ

先日ネイルをやって貰いました
秋になったので、落ち着いたトーンにしてみました

002_20141013011345ad7.jpg

最近、仕事の予定が入ったりしてバタバタでした
以前の夫は、私が家に居て家事を完璧にやる「妻」とう存在が欲しかったのだと思います。

私は、バツイチです
結婚生活のおいて、「仕事は辞めない
今はこれに尽きますね。

何故かというと、妻が完璧に家の事をやる。
すると、経済的な物はすべて夫に依存する。

夫が外で完璧に働く。
すると、家の中の事はすべて妻に依存する。


双方の依存関係が成立します。
そして、妻は自由を失います。
そして、妻は我儘になります。

これが古き日本の悪しき事だと思います。
(もちろん、それが合っているという人もおります)




ちゃんと自分のことを自分でやってきた男性は知っています。

ある程度、料理が出来ていてほしい。
ある程度、綺麗で居てほしい。
ある程度、自分の仕事の事を理解してほしい。
ある程度、節約も知っていてほしい。

でも、最悪自分1人ですべて出来ると思っているからです。
そして、いつでも助けたいと思っている。

だから、傍に居て笑っていて、いつも仲良しでいたいと願う



ちゃんと自分のことを自分でやろうと思ってきた女性は知っています。

ある程度、収入が安定していてほしい。
ある程度、格好が良い人でいてほしい。
ある程度、家計の事を知ってもらいたい。
ある程度、家事も出来ていて欲しい。

そう、自分1人ですべて出来ないと思っているからです。
そして、いつでも助けられたいと思っている。

だから、いつも仲良しで、傍で笑っていたいと願う



多くは、パートナーへの経済的要因で別れられない。
夫が妻を養い。
妻が夫に養われる。

上記の関係が完璧に出来上がってしまうと、壊すのはなかなか大変だと思います


夫が妻を養うという感覚が無い。
妻が夫に養われるという感覚が無い。

事実上。。。
経家庭内の済的な関係がどうこうでは無く、この上記の思いが強ければ強いほど。。。




「お金」という部分では、全く自由です。
自由ということは、金銭的な関係で繋がっているという事では無いのです。

それでも一緒に居るということは、ずっと恋人であり、「真の愛」という事なんだと思います。


yumiko2

スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する
経営総合コンサルト